育児って本当に楽しくて幸せ!

育児に対する責任を重く受け止めすぎてしまうと自分の精神がまいってしまうことがあります。

NAVIGATION

育児を孤独な作業にしないために

育児って本当に楽しくて幸せ! 育児に対する責任を重く受け止めすぎてしまうと自分の精神がまいってしまうことがあります。
特に、出産後、配偶者が仕事が忙しいなどでサポートをあまり受けることができず、悩みを相談する時間もなく、さらに、実家の両親などの力を借りるような状況でもないとなれば、悩んでしまうかもしれません。

そんな時には、以下のアプローチを考えてみるといいかもしれません。
配偶者や親に対して、素直に現状を説明して助けを求めるということです。
育児は自分でなんとかしなければというように責任を自分だけで感じてしまうと危険です。
素直に助けを求めるスタイルを身に着けることも育児のスキルのうちだと思います。

また、行政の窓口などに相談するもの手です。
具体的・物理的に何かをサポートされることにつながらなかったとしても、話を聞いてもらえアドバイスを受けるだけでも心強いはずです。
近隣の人についても同じことが言えます。
場合によっては、もちつもたれつのいい関係が築けるかもしれません。
いずれにしても、負担を社会全体で分かち合うという精神が育児には大切なのです。
育児をする側も、育児をサポートする側も、その精神さえあれば育児が大変すぎて手に負えないという状況を改善できるはずです。

注目リンク

Copyright (C)2017育児って本当に楽しくて幸せ!.All rights reserved.